危険性もある

外為取引初めての方が為替の勘所を押さえるには取引経験を積み重ねることが重要です。

 

とりわけ、未然に危険を回避できるようになるためには、失敗を積むことも経験のひとつです。

 

もちろん、ミスをするといっても決定的な負けをしてはいけない。

 

やり直せるぐらいのケアレスミスを実績を積む事が、結論としてあなたの場数を増やす事が出来ます。

 

そう考えるとまずは少ない額でエントリーしてこれで幾度か取り返しが付くミスをすることが重要です。

 

一例として、100万円だけしか投資資金がない人が、はじめに一円も残さないで投資して取引すると負けた時取り返せない危険性があります。

 

それよりも、ひとつの例として少しずつ分けて売り買いして、そこで売り買いを繰り返したほうが少しずつ負けを埋め合わせる方法なども習得するはずです。

 

わずかな額で投資することの良い点は先ほど書いたように、己の経験値を高め、損を制御する技術を学んでいく事にありますが、それと合わせて、トレードの回数を積み重ねる事で、偶然性を少なくできるという利点もあります。

 

一例として、1回だけの売り買いで利益を上げられる確率が50%だと考えます。

 

同じ確率で損する危険性もあるということになる。

 

勝率50%ということは五分五分の率で勝利できる事を表現しています。

 

ところが、全財産を注ぎ込んで1度だけの仕掛けをするということは、勝ちか、負けのどちらかだけになってしまいます。

 

これは1回だけの賭博と同じです。

 

結局のところ、全ての投資資金を使って1回のみしか取引をしないとこれだけではマイナスになる可能性が高まってしまうのである。

 

それだけに、投資するお金を1回にすべて賭けるのではなく何回もに分けて、機会を重ねる事が危険性を減らす事になります。

 

ただし何回かに分けたとしてもすべてにプラスにする必要はありません。

 

むしろ、勝てないのが実際のところです。

 

売買で大事なのは、どれほど稼ぐかです。

 

勝率が2分の1でも仮に勝率が低くても儲かる時は儲かります。

 

7割負けてもマイナスが小さければわずかな勝ちのプラスの大きさだけで相当稼げます。

 

そのために必要な事は、損を少なくして、儲けを大きくして心がけることだ。

 

損が出たら直ちに損失を確定してそれとは逆に利益を上げられる場面では上手く利益を出す事が、外国為替証拠金取引の経験の浅い方がFX投資で勝つための極意です。